疲れた肌と精神的ストレス‐はっと気がついたらカサカサだった‐

疲れた肌と精神的ストレス‐はっと気がついたらカサカサだった‐

オンナだって、生きていると良いことばかりじゃない・・・恋を失ったり、なんだかストレスを抱えることが多くなり、ふっと鏡を見ると、そこにはカサカサと渇いた肌と目をした自分を見つける。

 

何かがおかしい、肌の艶が無くなり、なんだか毛穴が開いて血色が悪い。

 

大きくため息をついて、はぁ、どうしちゃんたんだろう、どうしたらいいんだろう・・・

 

◆大丈夫、貴女には私がついています

 

疲れた肌に成るか、精神的ストレスが先なのか、そんなことはドウでも良いことです。貴女の肌を回復させることから始めましょう。

 

疲れた肌なら、回復できます。

 

精神的ストレスは、肌が見違えるほどキレイに成り、素肌美人と周りで囁かれたらストレスなんか弾き飛ばせます。

 

◆肌を取り戻せ

 

貴女の本来の肌、赤ちゃんのときの肌を思い出してください。

 

何もしなくともピンクでハリが有り、しなやかで弾力に富、肌の底から光を放っているような透明感に満ちていましたよ。

 

それが貴女の本来の肌質、恥ずかしそうに、少し隠れているのを迎えに参りましょう。

 

" 肌の真皮まで水分を深く浸透させる
" 角質の荒れた細胞をセラミドでぷくぷくにさせる
" 肌の正面を包んで、水分の蒸発を止める

 

◆具体的な方法は

 

保湿スキンケアに変え、皮脂を取り過ぎない洗顔と保湿スキンケアを重点的にパックし、次の朝は貴女の本来の肌が待っています。

 

ぷるぷるの透明感を持った素肌美人の感触を楽しんでください。

 

一晩で素肌美人は回復しますが、さらに肌の細胞を元気に活性化させるために、半月ほど続けてください。

 

そのころは、貴女はすっかり素肌美人の復活で、ストレスなんかは何とかどうにか成るもんです。